THIRD WISH ライナーノーツ (sherry)

こんばんは。
One Hundred Wishesのsherryです。

前回の2ndアルバムからもう2年も経つんですね…
月日の流れの速さに取り残されそうな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか…?

さて、3rdアルバムのリリースに向けたブログ第2回は、自分が担当したshort film について書こうと思います。

今回は1stに収録の「通り雨」ぶりに、全て自分で取り組んでみました。とあるアニメ作品にニューヨークの夕焼けのシーンが何度も出てくるのですが、その景色がとても美しく印象に残っていて、それにインスピレーションを得て制作しました。歌詞の内容もストーリーに関係したものになっています。

トラック面ではイントロとエンディングにサンプリングされた都会の音を入れてみたり、複数のギター(弾けないので打ちこみ)を重ねてみたり、イコライザを使ってみたり…と新しいチャレンジが多く勉強になりました。今回は自分の中で、なるべくギターを使ってバンドサウンドに近い方向に持っていくという目標もあったのですが、それもどうにか達成出来たかな?と思います。MIXも今までよりはちゃんとした手順で出来たように…思います(小声)

また、初期段階では歌の音域が広く歌い辛かったため、部分ごとにキー変更(A,Bメロは上げて、サビは下げる。など)をしてみました。その結果あちらこちらで転調することになってしまったのですが、どうにかうまく収集がついて良かったです。

全体を通して「ニューヨークの夕焼から夜にかけて」という強いイメージを持って制作したのが伝わったのか、曲を聴いたメンバーから「どこか外国のような雰囲気がします」と言われました。これは嬉しかったです。笑
(冒頭のSEが新宿で採取されたフリー音源だなんていえない…)

あと、毎度やってしまう

「直前になって曲を変える」
「締め切りギリギリ(というかもはや伸ばしてもらう)」

を今回も発動してしまったので、次こそはそんなことがないようにコツコツと制作したいと思いつつ…

そんなこんなで、今回はshort filmの製作裏話(?)
をお送りしましたが、まだまだメンバーのブログは続きますので、引き続きお付き合いしていただけたら嬉しいです。

お読み下さりありがとうございました!

sherry

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください