THIRD WISH ライナーノーツ (seiya)

こんばんは、One Hundred Wishesのseiyaです。
いよいよM3が来週末に迫ってまいりましたね。皆様、サークルのチェックはお済みでしょうか?
One Hundred Wishesは今度のM3で、新作、「THIRD WISH ~空に遍く翠の約束~」をリリースします。
ぜひぜひ、皆様のお買い物リストに加えて頂けると嬉しいです!

今日からメンバーが、制作に関わった曲について順番に綴っていきます。
一発目はわたくしseiyaが担当です。

■wishes

この曲は、去年12月に行われたOne Hundred Wishesの1stライブでお披露目する新曲として制作した曲なのですが、今回初めてCD収録の運びとなりました。
事前にYoutubeでも公開していたんですが、今回はもぇかさんに新たにコーラスパートを収録してもらい、豪華なコーラスつきのバージョンとしての収録です。

この曲は、作詞や作曲をしたり、歌を歌ったり楽器を弾いたり、そんな音楽活動をする上での気持ちを歌にしたものです。

実は、僕は昔からI’ve(アニメやPCゲームの主題歌などでおなじみのクリエイターチーム)のファンなのですが、
この曲はI’veのFair Heavenという曲のアンサーソングを目指して制作した曲だったりします。

音楽が好きな人は、みんなそれぞれ憧れのアーティストがいると思いますが、僕は「I’veの高瀬さんみたいな曲を作れるようになりたい!」という思いでDTMを始めたので、憧れの存在を目指しながら音楽活動をする上での様々な気持ちを、高瀬さんの作った曲へのアンサーソングとしてぶつけてみた、という曲です(笑)

I’veが好きな人にはぜひ聞いて頂きたい曲ですし、I’veのことはよく知らないという方も、ご自分の憧れのアーティストに置き換えて聞いて頂けると嬉しいです。

■vacation

この曲、実はもともとインストのみの曲として作っていた曲で、今回のアルバムに収録することに決めてから後付けで歌詞を書きました。
インストだけの時から、夏っぽい曲、というイメージで作っていて、それに合わせて詩を書いていったんですが、もともと詩の音数を意識していない曲の構成だったので、詩を書くのに結構苦労しました。
当初は海辺の街に一人でふらっと出かけるような歌詞にしようとしていたんですが、それだと曲調に比べてあまりに華がなかったので(笑)、歌に若い男女を登場させてみた次第です。

今回はのどかな夏休みのような風景を表現したくて、アナログシンセの音や、フランジャー系のギター、ボコーダー風のエフェクトをかけたpadなどを中心に、ふんわりとした曲調を目指して作っています。ピアノコンピに収録する曲にしてはピアノが目立っていませんが、アルバムの中での変化球的な存在の曲になればいいなぁ、などと思っています。

真夏の暑い日に、畳の部屋で扇風機の風を浴びつつ、ガリガリ君を食べながら聞くのがオススメです。
今年の夏はもう過ぎちゃいましたが、来年の夏はぜひ試してみてください(笑)

 

今回僕が制作を担当した2曲は、どちらももぇかさんにボーカルを担当していただきました。
もぇかさんの伸びやかな声がどちらの曲にもとても合っていて、素敵なトラックになったなぁ、と思っています。
また、今回の制作にあたり、もぇかさんからコーラスパートについてボーカルの視点からいろいろとアイディアを頂きました。
もぇかさん、本当にありがとうございます!

さて、ちょっと長くなってしまいましたが、僕が担当した曲の紹介はこの辺で終わろうと思います。
次回は誰が登場するでしょうか。お楽しみに!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください