ライナーノート by 櫻倉祥己

本日も楽曲に込められた想いや、制作秘話を交えてお話します♪

【ライナーノート】
☆関わった曲☆
M-01「Blue Frame」(ボーカル)
M-02「冬が溶けて 君は消えて」(ボーカル)
M-04「Winter Orb」(ボーカル)
M-05「Khite Havel」(作詞、作曲、コーラス)

  

☆コダワリ:制作編☆
M-05「Khite Havel」
長年シンガー・ソングライターとして活動していますが、なんだかんだで人に自分の曲をきちんと歌って貰うのはこの曲が初めてのことです。
ハルさんにはLafoliaで同時リリースする「Totas Vanitas」を少しだけ人前で歌って頂いたことがあって、その時に自分が持っていない魅力を沢山感じて聴き入ってしまい、One Hundred Wishesに参加することが決まった時、真っ先にハルさんに曲を書きたいと思っていました。

タイトルの「Khite Havel(キーテ ハベル)」はヘブライ語で「浄化された虚しさ」というような意味です。
深海のようなとても暗くて深い印象から始まりますが、それを歌と音で昇華していくような曲にしたいと思い、このタイトルにしました。

私は意味の他にも字面で選ぶことが多いですが、音にも文字にも色や印象が見える共感覚者の自分としては、楽曲にもハルさんにもとてもピッタリの色が見えるタイトルになったのではなないかと自負しています。

ハルさんの印象と歌声のイメージで曲を書き、詞は出来上がった曲から見える感情と日頃自分が感じていることを形にしました。

実際にフルコーラスのテイクを頂いた時は、その素晴らしさに本当に驚きました!
これぞ女性ボーカルの神秘…!!と思いましたし、こんなに吐息が美しいボーカルさんは初めてでした(*´﹃`*)

特に最後のサビから最後の裏声が今の自分の琴線にがっつり触れて、何かを思う前に涙がボロボロ出ていました。
高い音で響くピアノと透き通った裏声が合致して、言葉にならない振動を起こしているように思えました。

とてもマニアックですが、「以外の~」の張るとこがカッコ美しいですし、「どんな色も」の「んな」とか、「携え生きてゆける」とか、ハルさんの歌いまわしで好きなところが多くて単体で何回も聴きたくなるくらい素敵で好きです。笑

コーラスでは、自分が書いた詞に合わせて表現をしたというよりは、ハルさんを通して表現された歌にあわせてコーラスにも色を入れました。
ハルさんはシーンごとに色んな声音を使ってカラーを織り交ぜてくださっていて、それがひとつひとつとても素敵な響きなので、なるべくその良さを壊さないように、時に押し出せるようにコーラスを入れたつもりです。

デモ段階ではハルさんの歌にかぶってしまう音が多かったので、極力食い込んでくるような音は排除して、今のようなサウンドになりました。

気づいたら、このアルバムの中で一番暗い曲になっていましたが(皆さん暗い曲が好きだと自負されているので、もっと暗い曲が来るだろうと思っていました。笑)、何にしてもハルさんの歌が素晴らしいのでぜひ聴いてください!

  

☆コダワリ:歌唱編☆
M-01「Blue Frame」
最初に楽曲を頂いた時の印象は、ボーカル3声でそれぞれの立ち位置がよく際立ってコーラスの響きが良い!!
ということと、それを全面的に引き立てるアレンジとのコラボがとても素敵!!ということでした。

最初に頂いたもぇかさんの仮歌が既に高いクオリティで収録されていたので、この曲の完成形がイメージしやすかった反面、もぇかさんのストレートに響いてくる歌に対し、私の息が多くてぶわっとした歌で引き気味にしてしまわないかな?と心配でした。

3人でレコーディングするというのが初めての体験でしたし、お互い全く違う環境でのレコーディングだったので、現にこの曲が関わった楽曲の中で一番試行錯誤して取り組んだと思います。

でも、自分と同じように自分でレコーディングしながら活動する方々とこうやって密に制作することも初めてだったので、お互い沢山情報交換をしたり、ヴォーカリストにしかわからない悩み相談をするなど、とても有意義な制作でした!!

歌い方や、声のキャラ作りについては、何度かアドバイスを頂きながらも、ありがたくも自分の声の特長を活かして頂くような形で完成したと思いますし、コーラスが入ることで自分一人では引き出せない雰囲気を出すことが出来たと思っています。

こんなに繊細に人の歌に合わせてコーラスを録るのも初めてでしたが、3人ともメインパートとは違った魅力がコーラスで出ていると思うので、ぜひ細かく聴いて欲しいです!!

歌詞では言葉選びからくる柔らかい印象に共感しやすかったですし、メロディと詞が上手く連動しているので、私のパートでは歌い出しや、「音もなく消えた」などのフレーズの終わりが特に印象的に残すことが出来たのではないかと思っています。

個人的に特に好きなところは、クロスフェードの冒頭にもなっているもぇかさんの「空はー」の一気に光が広がっていくイメージを見せてくれる歌や、ハルさんのBメロの「問いかけ」の後の息を抜くところがお気に入りです!!(マニアックですみません。笑)
最後のサビの駆け抜けて羽ばたくようなアレンジも必聴です!

  

M-02「冬が溶けて 君は消えて」
この曲は、おおともさんが弾き語りした時に凄く素敵だと思って、その感激をおおともさんにお伝えしたところ、そのままの流れで歌わせて頂くことになりました…!

最初のテイクは、完成版よりもテンポが遅く、えだまめひよこさんの歌詞に寄せてもっと低く落ち着いた声のキャラクターで男性視点を意識して感情をガッツリ入れていました。
その後、別パターンとして作曲をされたおおともさんの感性に寄せて録り、最終的にこちらに決まりました。

このテイクを録るにあたり、おおともさんが一番最初に送ってきてくださった、高くて美しいピュアなお声のデモが素敵だったので、その世界観を表現したいと思っていました。
(コーラスでもわかるように、みなさんにお聴かせしたいくらい素敵な歌声でした。)

「無機質な感じを表現してほしいと思っていた」とおっしゃっていたおおともさんのお言葉と、歌詞から伝わる想いを受けて、「喪失感と悲しみで現実感を失ったような空っぽな状態」で虚ろに言葉を紡ぎ、静かに泣き続けている日々を歌いました。
(レコーディングしている時の私の目も虚ろだったと思います。笑)

2コーラス目のアレンジが盛り上がるところも時の移り変わりを表現しているようにも思いましたし、桜の花びらがぶわーっと空に舞い上がるイメージが浮かんできて、何も考えなくても自然と歌を乗せることが出来たと思っています。

特に聴いて頂きたいのは一番最後のスローテンポになるところです。
泣き疲れて夜明けを迎える頃、行く宛のない想いを正の意味でも負の意味でも投げ出すように祈りに委ねる気分で歌いました。
この曲とこの詞のセットでなければ自分の中から出なかった表現だったと自負しています。

と、ここまでは私の勝手な解釈でしたが、明日、えだまめひよこさんが投稿されるこの曲の詞の物語について語ってくださります。
意図的に伝えずにいらっしゃったようですが、私はそれを知り、誰か大切な人が亡くなった歌なのだろうな、とは思っていましたが、「そんなに深いストーリがあったとは!!!」と驚いています(゜゜)
ぜひ楽しみにしていてください!

  

M-04「Winter Orb」
この曲を最初にレコーディングしたのは、Lafoliaのライブの直後だったので、ハードでシャウトなパフォーマンスから、乙女(?)に切り替えることに自分が一番そのギャップに耐えられなかったです…。笑

私が得意な音域よりも高めだったことと、楽曲のサウンド的に裏声では歌が主体的に乗らないなと思ったので、少し硬めの声を意識して歌う今の形に落ち着きました。

声が細くて悩んでいた時期の歌に似たような質感になって、それも久しいことだったので、1曲を通してseiyaさんに納得して貰える形に出来るかな?と心配していましたが、思っていたよりも溶け込むことが出来たようで、少し安心しました。

特に歌い出しなんかは、「『あなた』の呼吸と寄り添った自分と、遠くの汽笛を聴きながら」と、その場の情景がしっかり描かれているので、この曲の舞台に入り込んで歌いやすかったです。
感情や強いアクセントが必要なところは、メロディやアレンジがしっかり教えてくれたので、歌もそれに自然と従った形になりました。

Bメロに入るところ、サビに入るところのメロディとアレンジが特に際立っていて、初めて聴いた時は驚きを隠せなかったですし、何度でも歌いたい!!と思っています。笑
サビの後ろで鳴っている水を連想させるような幻想的なサウンドや、リズムワークもこだわられていて、とても好きです。

この曲も詳しい内容を教わらずに歌いましたが、「冬が溶けて 君は消えて」とは違って、前向きで力強い決意のようなものを感じていたので、特に間奏後のサビからは、それまでよりも心の中に宿った光の強さや、明日への扉を開くような清々しさを表現できたと思っています。

聴けば聴くほどクセになるような、中毒性のある曲だと思うので、ぜひ皆さんにも中毒になってほしいです。笑

   

☆最後に☆
どの楽曲もじわじわと響いてくる作品になったと思っています。
時に心を委ねるように、時に躍動するように、聴いてくださる方の日常の一角にこの作品が彩りを灯すことが出来たら幸いです。

One thought on “ライナーノート by 櫻倉祥己

  1. […]  One Hundred Wishes 「First Wish」ライナーノート by 櫻倉祥己http://100wishes.unison.jp/2017/04/28/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80by%e3%80%80%e6%ab%bb%e5%80%89%e7%a5%a5%e5%b7%b1/本日も […]

コメントを残す