ライナーノート by もぇか

本日も楽曲に込められた想いや、制作秘話を交えてお話します♪
 

【ライナーノート】
☆関わった曲☆
M-01 Blue Frame(作詞 作曲 ボーカル)
M-06 揺蕩う者よ(ボーカル)

☆コダワリ制作編☆
M-01 Blue Frame
水はいたるところに当たり前に存在しているけれど、触れることができる時も、できない時もある。姿も違えば色も違う。人もそれぞれ。
触れられそうなのに触れられない。
そして迫りくる終わりの時間。
いつ壊れてしまうかわからない、そんな儚い想い。
いつか光が射す瞬間が来ることを………。
という空想の歌です。

この曲は初めからボーカル3声で歌うものとして作り始めました。せっかく素敵なボーカリストがいるのですから、一緒に歌ってみたいなと思って(^^)
メインボーカルを中心に包み込むようなコーラスをイメージしました。
優しくささやくようなフレーズ、ぴーんッと空に向かうような響き、信念が見えるような声、いろんなものがつまった1曲です。
題名のBlue Frameは蒼い枠ですが、地球、この世界のことを現してます。

オケ作りに関しては、Confetti Concertoの相方であるおおともさんと一緒に作りました。
私はおおともさんが弾くピアノの音がとても好きなんですが、冒頭Aメロの和音はどこか寂しそうに聞こえて、段々とストリングスを連れて壮大に力強くなっていく音がとても気に入っています♪
素敵な演奏とアレンジありがとうございます!

  

☆コダワリ歌唱編☆
M-06 揺蕩う者よ
【多すぎた一人の時間が刹那の想いを広げても】
というフレーズを見て、すぐに歌ってみたいなと思いました。
子供の時から親の仕事の関係等で一人で過ごすことも多く、一人の寂しさみたいなものも経験していたので、
ちょっと意味は違うけど、引き付けるものがありました。
無力感と力強さが感じられたら良いなと思います。
カバーと違って元がないので、どう歌うか、どう表現するかはたくさん迷いましたが、感じたままに自由に任せてもらえて嬉しかったです。

☆最後に☆
今回の曲制作にあたり、はじめてやる作業も多く、戸惑いや不安もありましたが、メンバーの支えもあり無事に完成させることができました。
そしてみんなの素敵な歌や演奏、アレンジに刺激を受け、さらに上を目指してがんばりたいなと思いました。
オリジナルの曲を自分自身、そして他のボーカリストに歌ってもらうことが初めてだったので、出来上がった音源を聞き返し、我が子のような可愛さもあり、また違う曲を創ってみたいという意欲になったり、とても清々しい気持ちです。

コメントを残す