ライナーノート by ハル

本日も楽曲に込められた想いや、制作秘話を交えてお話します♪

【ライナーノート】
☆関わった曲☆
M-01 Blue Frame(ボーカル)
M-05 Khite Havel(ボーカル)

  

☆コダワリ:歌唱編☆
M-01 Blue Frame
もぇかさんから三声ボーカル曲のご提案があり、参加させてもらいました。
切なさの中に希望があり、私はハモリパートが多かったので、主旋律を支えられるように心がけました。
Frameは「枠、額縁」なので、メインパートは歌詞とも合わせて、逃げられない何かに囚われた気持ちで歌っています…わかりにくいですが…。

あと、曲を通していろいろ皆さんのやり方を知れたり、参考になるお話を聞けたり、今までより少し踏み込んだお話ができて嬉しかったです*°

M-05 Khite Havel
祥己さんからの仮歌の段階でとても雰囲気があって素敵で…。
大事な曲を歌わせていただくので、祥己さんにも祥己さんファンの方にもがっかりされないように頑張ろう…!と思いました。
タイトルは「浄化された虚しさ」という意味だそうです。
せめぎ合う葛藤や虚無感、無力さを感じるのですが、悲しさで埋め尽くされることはなく、所々に覚悟を感じました。
その儚さと凛とした感じを表現したいと思いました。

☆最後に☆
M-01 Blue Frame
もぇかさんの突き抜けるような透明感ある高音、祥己さんの温かみのある深い響き、そして私と、3人とも全く違った声質と、
おおともさんの美しいピアノと壮大なオケが広がって、とても1曲目らしい曲だと思います。

M-05 Khite Havel
前述の部分に加えて祥己さんが空気感をすごく大事にして下さったと思うのでその辺りと、そして祥己さんのコーラスもすごく素敵で、
仮ミックスの時から1人で盛り上がってしまったので是非そちらも合わせてお聴き頂けると…!

タイプの違う2曲に参加出来て楽しかったし、とても刺激になりました。
またそれぞれの制作した方は違った解釈だと思うので、個人的にもそれを読んで曲を聞いてみたいと思っています!

コメントを残す